失敗しないためのリフォーム会社の選択基準【ここをチェック!】

リフォームはどの会社を選ぶかで出来は大きく変わってきます。

 

同じ100万円のリフォーム工事でも、150万円以上の仕事をしてくれる会社もあれば、50万円くらいの質の悪いリフォーム工事をする会社もあります。

 

成功リフォームをするには慎重にリフォーム会社を選ばないといけません。

 

ということでこのページでは「失敗しないリフォーム会社選びのコツ」をお伝えします。

 

会う前に事前にチェックしましょう

見積もりや現場調査を依頼する前に、事前にその会社をチェックしておく必要があります。いきなり見積もりを依頼するとその会社の内情を知ることができず強引に契約させられることもあります。

 

ですので会う前に以下の項目を参考にしながらそのリフォーム会社をチェックします。

 

1、会社概要をチェック

その会社のホームページを見ると、会社概要が掲載されていることが多いです。

会社概要には、資本金、事業所数、従業員数、会社設立年、売上高、会社の運営方針などが記載されています。

そのリフォーム会社がどのような会社を運営しているか事前にチェックしておきます。

ホームページに事細かに記載されていれば安心できる材料となります。

 

2、我が家からの距離

その会社と我が家の距離を調べましょう。

リフォーム工事をおこなっているときは頻繁に話し合いしていきます。緊密な連携が必要ですのですぐに来れる距離のリフォーム会社が良いでしょう。

我が家に来るまでに2時間かかるようなリフォーム会社に依頼すると緊密な関わり合いができなくなる不満に繋がることもあります。

せめて1時間以内に来れる会社を選ぶようにしましょう。

 

3、経験年数と実績を確認しましょう

リフォーム工事は実は、資格がなくてもおこなえますし、実績がなくてもおこなえます。

リフォーム工事は500万円未満の工事だと建設業の資格は必要無く、誰でも行えてしまいます。リフォームについて全く詳しくない会社でもリフォームは行えますので注意が必要です。

ですのでその会社のホームページ等を見て、その会社がどれくらいリフォーム工事をおこなっているか確認しましょう。

 

どれくらいの年数リフォームをおこなっているのか、過去に何棟リフォームをおこなってきたのか、お客様の声はあるのかなどをチェックしていきます。

 

4、加盟団体の種類

リフォーム工事をおこなっている会社の中には団体に加盟しているところもあります。

その加盟団体が信用できる団体なのかもチェックすると良いですね。

その団体に加盟している企業の数はそれくらいあるのか、何年運営している団体なのか、どのような方針で運営しているのかを確認するだけでも違ってきます。

団体といっても実績もなく運営方針がいい加減な団体もあるので注意が必要です。

 

5、資格保有数について

前述したようにリフォームは500万円未満の工事だと資格が不要です。誰でも行えてしまいます。

しっかりとしたリフォームをおこなって欲しいのなら建設業の資格や建築士の在籍や施工管理技士の在籍などをチェックしていきましょう。

国家資格や建設業許可の資格がある会社ならちゃんとした会社である可能性が高いです。その会社がどのような資格を持っているかもチェックします。

資格保有に関してはその会社のホームページ等で確認することができます。

 

リフォームに関する資格について

リフォームに関する資格には以下のような種類があります。

名称 概要
建設業許可 建設工事を請け負うために必要な資格。500万円以上のリフォームを行うにはこの資格が必要
増改築相談員 増改築の専門家。建築業に10年以上経験があり研修を受けて合格した人に与えられる資格
マンションリフォームマネージャー マンションリフォームの専門家。マンション特有の制約を熟知している
建築士 建築士法に基づく国家資格。建築の専門家。リフォームにおいても建築士が在籍している会社は安心できる。
建築設備士 設備に関する専門家。水道、電気、空調、換気など設備に関することに詳しい
施工管理技士 建築施工の専門家。国家資格。現場監督などがこの資格を保有することが多い。
福祉住環境コーディネーター 高齢者や障害を持つ方が住みやすいようにコーディネートしてくれる。
インテリアコーディネーター インテリアをコーディネートしてくれる専門家。おしゃれなインテリアにデザインしてくれる。
インテリアプランナー インテリアに関する専門家。計画、施工、管理を行う

 

資格を保有している会社を選ぶことが重要

リフォームは500万円未満の工事であれば建設業許可の資格は不要です。

ですので、建設業とは全く関係ない職種の会社でもリフォームは行えます。「儲かるから」といってリフォームの知識もないのにリフォーム業をする会社も中にはあるのです。

トイレのリフォームやお風呂のリフォームや外壁リフォームなどは500万円未満のリフォームですので誰でもできてしまうのです。

 

経験も知識もない会社にリフォームを依頼したらあとが大変です。保証もしてくれないし、事業を辞めてしまうこともあるでしょう。

 

ですのでしっかりと建設の資格を持っている会社に依頼することがベストです。大きなリフォームをお願いするなら建設業許可の資格があり、できれば建築士が在籍しているリフォーム会社が良いですね。

 

外壁工事やキッチン工事やトイレ工事なども小規模なリフォームでも、その会社に実績をよく確認しましょう。過去にどのような仕事をしてきたのかを見ると失敗しないリフォームをすることができます。